FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生育診断についてNO.2

  • 2012/04/09(月) 17:21:42

しげじいは、あるとき喉の奥から出血して病院に行ったところ、
先生から「まず血液検査を受けてきてください。」といわれた。

いまどきの人は病院に受診したら、何より先に臨床検査を受けます。
尿検査や血液検査、看護師さんの問診、レントゲン撮影、そして先生の診察。

人の健康状態を診るのにこれだけのことがなされるのです。
それにこれらの結果の出るのが早いこと。

おかげで自分の健康状態・身体の悪いとこの状況が判るのらしいのです。

病院に行ってこのような指示を受けて、はたと思った。

俺ら野菜の生産指導をしているのに、
圃場に行って作物を見るだけの診断で作物の生育診断をし、
管理技術のアドバイスをしてきていた。

しかしこれは結果が出てしまってからの判断で、
場合によっては手遅れとなることが多かったような気がする。

手遅れになる前に手が打てないものかと考えるのは当たり前の状況が野菜生産のなかには多々あると思えた。

そこで考えた・・・

どんな方法で診断しようか?
①野菜にとって人の血液に相当するものは?
②調べる項目は?
③調べる道具は?
④調べる方法は?
⑤出てきた数値の判断は?
⑥判断結果の生かし方は?

こういった項目を1つずつ自分なりに検討してきた。

①野菜で血液に相当するものとして、生育の旺盛な部位の葉を採取して、その葉柄と葉身に分けそれぞれを搾って体液を採取した。
場合や品目によっては根を掘ってきて体液を搾り出した。

生育診断の様子1


②調べる項目としていろんなものが頭を駆け巡ったが③の道具に結びつき、なおかつ即座に(最近は即座にとは言わないでリアルタイムとか言うらしい)ということ。
自分の懐具合と相談すると、おのずと調べる項目が絞られてきた。
ということで、作物体内のイオン濃度、硝酸イオン濃度(硝酸態チッソ濃度も)カリイオン濃度、糖度、PHの項目を調べている。

③調べる道具は、数値的にかなりアバウトかもと思いながらも、あくまでも生産の現場で即時に答えを出さないと作物の動きに対応できないと思い、簡易のEC計、硝酸イオン計、カリイオン計、PH計、糖度計を用いている。
もちろんこの時代なので国産・デジタル計である。
計測するときは野外の現場であるし、時間も変わるし、冬が中心のなかで温度変化も大きいことから計器の校正はまめに行っている。

生育診断機器


④調べる方法はいたって簡単で、圃場の平均的な株の活力の高い(十分光合成していそうな)葉を葉柄の付け根から採取し、葉身と葉柄に分けてそれぞれの絞り汁を採取し、それぞれの計器で計測している。
ただしイチゴは葉身を絞るとモロヘイヤみたいに粘り汁が取れないため葉柄のみで判断している。

生育診断の様子2


出てきた結果からの判断は・・・・
「乞うご期待」「期待してないって、がくっ!!」


この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【生育診断についてNO.】

しげじいは、あるとき喉の奥から出血して病院に行ったところ、先生から「まず血液検査を受けてきてくださ

  • From: まっとめBLOG速報 |
  • 2012/11/24(土) 04:02:29

この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2013/01/21(月) 09:02:20
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。